CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 冬の身体の目覚めを促す食べ物 | main | 6つの味 Rasa 身体をもっとも強くする味は? >>
薬草を摘み取る人の人格も必要

Ayur☆Planetの店長、Kumikoです。

 

GW真っ只中!

新緑が眩しい爽やかな季節ですね。

 

 

アーユルヴェーダは自然界と繋がっています。


とくに植物は密接な関わりがあります。

 

薬草(ハーブ)を採るときの決まりごとがあります。

 

摘む時間は植物によって異なるのはよく知られていることですね。

 

薬草を採る場所もとても重要なのです。
 

クローバー 肥沃で豊かな清潔な土地であること

クローバー 寺院や神殿の近くの聖域は敬意をはらうために採らない

クローバー 墓地や不浄な土地とその周辺は避ける

クローバー 湿った土地では採らない

   などなど。


 

もう一つアーユルヴェーダドクターから伺って感動したことがあります。

 

摘み取る人の人格もとても大事だそうです。

 

 

昔は、植物を採る前の日は断食をして、瞑想し、
神様の前で祈りを捧げる儀式を行ったとのこと。

 

 

人は自然界の一部として生かされています。

 

 

それだけ、自然に対して厳かな気持ちで接して、

敬意と感謝を持って植物を摘んでいたのでしょう。

 

昔の人は現在の私たちが失われてしまった素晴らしいキラキラ

高い感性を持っていたのですね。


 

| アーユルヴェーダ | 08:49 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:49 | - | - |
コメント
コメントする