<< 本年も良き一年でありますように | main | ラサとトリドーシャは影響し合う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ヴァータ増悪時の作用

 

Ayur☆Planetの店長、Kumikoです。
 

 

寒いですね。 冬型の典型的な気圧配置で、

太平洋側は、晴天が続き、降水量も少ない時期です。

 

冷たく乾燥する季節は体内のヴァータを悪化させます。

 


同じ日本でも、
冬中、雪の降り積もる地域は冷たく湿気のあるカファも優勢だと

思うので、一概には言えませんが。

 

 

アーユルヴェーダの有名な古典 チャラカ本集に

身体内ヴァータの増悪時の作用について書かれています。

 

 

「ヴァータが体内で増悪すると、さまざまな病気を起こす。 
その結果、体力、色つや、幸福(健康)、寿命が冒される。 


精神(思考機能)[マナス]を動揺させ、あらゆる感覚機能を冒し、
胎児を破壊したり、奇形を起こしたり、

妊娠を長引かせ(過期産)たりする。 


恐怖、悲哀、昏迷、落胆、過剰なうわごと(せん妄)を起こす。 
そして最後には、息の根(生命)[プラーナ]を止める。」

 

 

怖いことが述べられています。。

 

 

お部屋の中が暖かくても、冷たい飲み物や生野菜のサラダ、、

は控えましょう。

 

 


不適切な食事をしすぎると、消化の火、アグニが低下します。

 

 

身体の血漿が不足し、
その後のプロセスの血液も不足するため、

循環が悪くなります。

 


当然、身体の動きも鈍くなり、滞ってしまいますよね。

 


エネルギー不足になるので、
冬は高カロリーで多少は脂肪分を含むもの、

肉、魚、豆類がお薦めです。

 

 

又、お芋やかぼちゃ、蓮根、大根、人参など

根菜たくさんの煮物や温かスープ♪
生姜も入れて体を温めましょう。

 


日々の生活の中で大事なことは、


不規則な生活をしない
十分な睡眠とゆったりとした気持ちを持つことです。

 

 

 

| アーユルヴェーダ | 08:25 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:25 | - | - |
コメント
コメントする