<< お待たせしました! | main | ガルシャナで老廃物を流し、むくみや冷えを解消! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カファが溜まりやすいところは主に胸

 

Ayur☆Planetの店長、Kumikoです。

 

 

 

しばらくブログ更新できませんでしたが、

本格的な春になりましたね。

 

 

 

 

冬はヴァータが悪化、寒さや乾燥を防ぐために

重い食べ物を摂り、じっと温かくしている間に、

実は、密かにカファが増えているのです。

 

 

 

太陽の日差しも強まり、

北国では雪も溶け出して大地を湿らせています。

 


水と地のエネルギー、カファが益々増悪してきます。


 

集中力が散漫になりやすく、頭がぼわ〜っとした感じ、

どんよりとした身体の重さ、

それはカファのせいです。

 

 

カファが溜まりやすいところは主に胸。
 

特に胃や肺、喉や鼻などの粘膜が多い場所に蓄積します。

 

 

カファ傾向の(粘膜が弱い)人にとっては、

春のカファが増悪する時期に、体の重さや倦怠感、

花粉症)というカタチで体に負担がかかってきます。

 

 

今の内にできるカファ対策としては、


黄色い花 苦味、辛味、渋味を心がけましょう

黄色い花 甘いもの、重いものを摂り過ぎない

黄色い花 ヨーグルト、牛乳、ケーキなども少し控えてみる

黄色い花 適度の運動をする、

 

 

とくに花粉症の症状が強い人は以上のことに注意してみて下さいね。

 

カファの重さや湿り気を軽くしてくれます。

 

 

苦味は、身体の組織を引き締めて、皮膚や粘膜を保護する

辛味は、食欲増進、新陳代謝を活発にする

渋味は、血液をきれいにする、心を軽くする

 

 

これから、旬のタケノコや山菜がたくさん出回ります。
苦味や渋味がありますので、積極的にいただきましょう。

 

 

| アーユルヴェーダ | 08:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:19 | - | - |
コメント
コメントする