清澄性を大切にしながら自分を見つめる秋

 

こんにちは。

Ayur☆Planetの店長です。

 

 

 

深まる秋、空は高く、澄んでいます。

 

 

「空」と「風」のヴァータドーシャが増すと
乾燥や冷えが気になってきます。

 


 
乾性、冷性、軽性、微細性、移動性、清澄性、粗性、

などの属性を持つヴァータです。

 

 

鎮静するには、

逆の属性の薬物(食事なども含まれる)が有効です。

 

 

 

「風」を表す、創造、空想、情報、思考力や分析力も活発になります。

 

(だから、ヴァータ傾向の人っていろいろ考え過ぎちゃう、、)

 

 

「空」の捉え方は少し難しいです。

 

何もないように見え、逆にあらゆることに満たされた空間や

可能性や潜在力を表します。

 

 

この世界では「空」という空間があってこそ、

四大元素が活性化されるのです。

 

 

そんな感じで、もの思いにふけることが多い季節です。

 

 

ふと不安な気持ちになったり、

心境の変化が起きやすくなります。

 

 

秋の夜長は、瞑想する時間も取りやすいと思います。

 

 

 

清澄性を大切にしながら、

自分を深く見つめ直すには良い時期ですね。

 

 

心境の変化には素直に従って、

抵抗しないことが肝心です。

 

 

個人的なことですが、

私は人生において必要な変化を大きな負担に感じたせいで

咳が出て大変な1週間でした。

 

これではお客様に施術などできません。(ーー;)

 

 

自分の時間をゆっくりとったお陰でl、

咳も治まってまいりました。

 

 

 

| アーユルヴェーダ | 12:02 | comments(0) | - |
<< | 2/112PAGES | >>